巣穴観察日記

​「巣穴」2020年■月■日

巣箱の巣穴担当の観察日記である。

NO.1

観察一日目。■■■■■にある■■■■にて、巣箱を発見した。巣穴の発見者はMr.■■■■。

■月■日の午後1時頃に発見。そして私の元に届いたのは発見から数日後となる。

まず、前提としてこの巣穴は、本当に穴だろうか。巣箱自体は木材で作られたかのような見た目をしている。

私は裏側から穴みつめて見たい意志に駆られた為、

巣箱を解体し、​穴のある部分の木の板のみを観察することにした。

巣穴だと思っていたソレは、

穴ではなく、ただのくぼみであった。

裏から見た穴の部分は凸になっている。

どこか​島々のようにもみえるし、私の住む世界を苦しめるウイルスのようにも見える。

凹凸の凸。凸があれば必ず凹が存在する。

穴は、完全に空洞、無なのだが、

凹ならば、裏を返せば凸になる。

2020年という年は、ぽっかり穴があいて失われた年だっただろうか。

凹凸のように、

ただ凹んだだけで、

そして凹んだおかげで、

例のウイルスと共生する凸が誕生した。

この穴だと思った窪みは、裏を返せば、

新たな島の誕生だったのかもしれない。

今後もこの巣穴の観察は続けていこうと思う。

担当調査員:AO

20■0年■月■日に記載(​巣箱研究所にて一部修正済み