アートアイランズ TOKYO 2020

 小宮伸二 + スバコ・スタジオ

アートアイランズTOKYO は東京の伊豆大島を中心とした島々で毎年夏に開催されている国際現代美術展である。

この展覧会ではアーティスツ・イン・レジデンス(アーティストのための居住と制作の場の提供)が実施され、国内外から集まったアーティスト達がそれぞれ交流を深めながら、島での生活と経験を通し、様々な影響を受けながら創り上げた作品を展示する。

 

2020年は新型コロナウィルス(COVID-19)の影響を受け、海外からの渡航制限があり、また状況的にアーティスツ・イン・レジデンスをおこなうことも難しく、今までのような形態での開催が不可能となった。

そこで今回のアートアイランズは、基本的にWEB上で開催されるという。オンライン展覧会だ。過去に参加しており、島を経験したことのある作家のみが参加を許されている。

今現在、実際に島を訪れることはできない。しかしそれでも、島での展示(関係性)を前提とした作品(もしくは計画)を提示しなければならない。

これはそういう展覧会である。

「小宮伸二 + スバコ・スタジオ」はそういった展覧会に参加している。